FC2ブログ

西成区の猫たちに会ってきました。(前篇)

 西成区を散歩してみました。


猫1

 カメラおやじやわ。


猫1

 どうせうちのこと別嬪やて言うだけやろ。


猫2

 誰や。


猫2

 猫撮りおやじかいな。


猫2

 どうせぼくのこと男前や言うだけやろ。


猫3

 いたいけな子供にまで冗談言うんやないやろな。


猫4

 子猫にまで被害が出てる言うことやから、


猫4

 ぼくかて用心せんなあかん。


猫4

 ここから見てるぶんには安心や。


猫4

 だいたい見物料がいらん言うのがええわ。


猫5

 たしかに見物料はいらんから、


猫5

 ええ場所とって高みの見物させてもらお。


猫5

 考えてみたら、こんなしょぼくれたおやじ見せて、見物料取ったら詐欺やんか。


猫6,7,8

 せっかく昼寝してるのに、


猫6,7,8

 詐欺さわぎには起きなしゃあない。


猫9

 せっかく昼寝してるのに、


猫9

 騒いで起こされたら詐欺みたいなもんや。


猫10

 やかましい言うて起こしよる。


猫10

 昼寝の猫起こして回ってるんかいな。


猫10

 かける時間間違えた目覚まし時計みたいなおっさんや。


猫11

 目覚まし時計おやじか。


猫11

 いつ鳴り出すかと思たらどきどきするな。


猫11

 ちょっと心臓に悪いわ。


猫12

 うちは気にせぇへんからじりじり鳴ってええよ。


猫12

 あれ?目覚ましのおっちゃん、鳴らへんの?


猫13

 呼び鈴のスイッチ止めたんやね。


猫13

 それでもなんか急にやりそうや。


猫13

 なんや、鳴る代わりに撫でるんかいな。(後篇に続く)

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ねこさん、いろんなおやじに七変化してますやん
あだ名が多い人気者ですなあ。

ネットから覗く子猫ちゃん、愛くるしいわ~

あ 西成ですね(^∇^)
ざっくりですが、天王寺から南方面に興味あるので楽しみです
食べ物屋さんも良い感じですし
純喫茶とか、コジャレた洋食屋さんじゃなくて『リアル昭和(ちょっとボロめ)』なお店とか…

だから、猫さん達も昭和な空気まとった感じがするような

最後のサビちゃん
ドロンジョ様っぽい♪セクシー♪

No title

麺探偵さん、

わたくしはそれほど変化してないつもりなんですが、
猫たちの見る目が猫の目のように変化するようです。

茶トラ白の子猫ちゃんは地域で保護されているようですが、
やっぱり猫撮りは脅威だったようです。
おかげで可愛らしいしぐさを見せてもらえました。

No title

西宮にゃぁさん、

大阪の南半分には、
おっしゃるように昭和でディープな大阪が残っているかもしれません。
そして猫たちの雰囲気も街の雰囲気になじむのでしょうね。

むむ。
ドロンジョ様ですか。
そういう表現はヤッターマン好きのMikeさんが大喜びしていますよ。

No title

時間になると鳴り出すんじゃなくて、見つけたら写真撮ったり声かけたり撫でたり、目覚まし時計というよりは巡回警備員・・ちと違いますかね(^_^;)

No title

見物料は、5カリカリぐらいですかね?(≧m≦)プッ

って、いくらカリカリを稼いでも、ビール1杯も飲めませんでしたね(;^_^A アセアセ

No title

珍走さん、

う~ん、巡回警備ですか。
その方が実際的なようですね。
ただし、猫たちの感覚はわたくしたちの理解を超えていますからね。
彼らにとっては目覚まし時計だったようです。
でも、次回は巡回警備員って言われるかもしれませんね。
そのときはぱくりだと思ってください。

No title

KEN吉さん、

5カリカリ?
それはなんぼなんでも安いでしょ。
せめて6カリカリで。。

そのネーミングはおそらく大阪の猫界での通貨単位として、
明日以降認定されると思います。
プロフィール

よっぱらいねこ

Author:よっぱらいねこ
美食家ではありません。週末中心のなんちゃってグルメブログです。その正体は奈良県在住のおっさん。猫ウォッチングと二足のわらじでやってます。
コメント歓迎です。

最新記事
最新コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンクリスト
美味しいものblog、猫たちのblog、美味しいもの店主さんなどのblog、お気に入りblogの順に表示しています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR