東大阪市の猫たちに会ってきました。(上)

 東大阪市を散歩してみました。


八重桜

 桜の散った次の週、すでに八重桜が咲いていました。


猫1,2

 桜の話をしながら怪しいおやじが来たで。


猫1,2

 よお考えたら逃げることあらへん。


猫1,2

 ひょっとしてなんかお土産持ってきたん?


猫3

 なんや。また手ぶらで来よったんかい。


猫3

 とことん気の効かんおやじや。


猫4

 この街の裏社会はぼくにまかせてほしいな。


猫4

 猫撮りがお土産くれるんやったらもろてやってもええで。


猫4

 なんや、デマかいな。


猫4

 話がうますぎると思たんや。


猫5

 当たり前やん。ぼくなんか箱から出る気もないよ。


猫6

 いんちきおやじに見つかった。


猫6

 カンガルーのかっこで逃げるんや。


猫6

 うほほのほい。


猫6

 ここまで来たら大丈夫やろ。


猫7

 このおっさん、ついにいんちきおやじに格下げかいな。


猫8

 わしは見回りで忙しいんや。


猫8

 猫撮りの相手なんかしてられるかいな。


猫8

 忙しいんや言うてるやろ。


猫8

 子分にしてほしいんやったら手ぶらで来るんやないわい。


猫9

 わしも忙しいのはおんなじや。


猫9

 弟子入りしたいんやったら手ぶらで来るんやないわい。


猫9

 どうも猫たちに勘違いされているようです。(中に続く)

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

おや、またしても東大阪の登場ですか。

今回はやけに手ぶらを批判されてますやん。
勘違いをどう説得するのか、次回に期待しましょう。

No title

こんばんは。
今日は天気がよかったので猫撮りをしようとしましたが、二匹しか会えませんでした。毎回こんなに会えるって才能ですよね(^_^)

No title

麺探偵さん、

前回は東大阪の東端、
今回は西端を攻めてみました。

猫たちの勘違いは正せませんが、
もう少し友好的な猫たちにも会えそうです。

No title

珍走さん、

才能はありませんが、
3年以上毎週やっていると慣れてきました。
みなさまの情報を見ていると、
東京周辺も猫がたくさんいるようです。
珍走さんの猫撮りの成果も楽しみにしております。

あららっ??!!

はたまた、あの後に続きがあったなんてっっ!!(マジにビックリです(°□°;))
この八重桜、長瀬川沿いの、病院近くの所ですね(^_^;)帰り道、そこもたまに通りますので見慣れた風景で御座います( ̄∀ ̄)流石に余り見慣れない猫ちゃん達が居ますが(箱に入って飼われている感じの猫ちゃんは…どの辺りだったか……)耳鼻科もSUCREさんの向かい側にあるので大体解りました(*^o^*)
因みに、SUCREさんの自転車置き場?に良く黒猫さんが出現します。子猫から成人猫まで。猫は民家のガレージの車の下や『こんな所にどうやって入るの?!』と人間が思うような所に行きますね(^_^;)因みに、弥刀はザ・住宅地という感じなので必然的に猫ちゃんが多く、餌だけあげる方が後を絶ちません。よく『敷地内で勝手に餌をやらないで下さい。○んこと○しっこ等で困っています』の貼り紙を見ます。
地域猫というように、(私は猫アレルギーなので触れられないですが(汗)どうにかならないものか、本当に悩みます。現に、私の住んでる団地のベランダ前で毎日のようにcat fightが行われています(--;)誰かが餌をあげているからです(泣)
寝れないし、なんだか猫達が可哀想で見ていられません。
本当に難しい問題ですね(T_T)

No title

玲子さん、

全快とは別の日の別のシリーズですよ。
この日は八重桜でしたし、
この頃咲く花が多くて楽しく散歩ができます。
動物と人間との付き合い方は、
ひとそれぞれ、
猫それぞれの考え方があって、
どれが正しいと言うのは難しいですね。
プロフィール

よっぱらいねこ

Author:よっぱらいねこ
美食家ではありません。週末中心のなんちゃってグルメブログです。その正体は奈良県在住のおっさん。猫ウォッチングと二足のわらじでやってます。
コメント歓迎です。

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンクリスト
美味しいものblog、猫たちのblog、美味しいもの店主さんなどのblog、お気に入りblogの順に表示しています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR