旭区の猫たちに会ってきました。(上)

 旭区を散歩してみました。


猫1

 撮影しているときには気づかなかった、うしろのほうの猫。


猫1

 白さんと動作がシンクロです。


猫2

 向う向きの白黒さんが、


猫2

 振り返ってわたくしを見たとたん、


猫2

 イカ耳になるのは慣れています。


猫3

 サビさんがわたくしに気付いたとたん、


猫3

 足早やになるのも慣れています。


猫4

 ですから、じっと見つめてくれたり、


猫5

 面倒くさそうな顔をしながらも、


猫5,6

 物陰の黒さんを紹介してくれるのは、


猫6

 対応としてはいい方です。


猫7

 もちろん憂い顔の横顔から、


猫7

 明日への決心ができたとき、


猫7

 きりっとした表情を見せてくれるのはナイスです。


猫8

 もうひとつ悩みは、


猫9

 黒さんが別猫であることが表現できないこと。


猫10

 白黒でも模様が似ていると、


猫11

 区別が付きにく、、


猫11

 全然違う柄やないか。


猫11

 ええ加減なこと言うとったら承知せえへんで。


猫12

 キジさんもまた、


猫13

 区別がつきにくい模様なのです。


猫14,15,16

 ですからさんにん別の模様だと、


猫14,15,16

 猫撮りおやじとしては嬉しいのです。


猫14,15,16

 そっちにぼくと同じ模様もいてるで。


猫17

 あ、ご兄弟がおいででしたか。(中に続く)

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お~ネコリンピックの会場は旭区でしたか~w

た…確かに、黒さんの区別は難しいですわね(;^_^A

「シンクロ」の後に、「白黒(しろくろ)」をさりげなく持ってくるあたり・・・

ダジャレてますね~
いやあ、恐れ入りましたw

確かに、猫の模様も千差万別ですね。

No title

KEN吉さん、

旭区ネコリンピック。
猫撮りおやじいじりが一番人気でした。
白猫は区別がつくのですが、黒猫はあとで写真を見てもわからないことがあるのです。

No title

麺探偵さん、

シンクロのあとの白黒ですか。
自分で書いてそこに気づかないあたりはまだまだ未熟です。
やはりダジャレに関しては麺探偵さんを師匠と呼ばせていただきましょう。

おはよう

最初の猫ちゃん見た目がまるでネズミに見えますねぇ(笑)
不思議な猫ちゃんだ(^。^)

No title

よしおさん、

それは色が白いうえに耳が丸いからですね。
あと、ひょっとすると鼠歳生まれかもしれません。
プロフィール

よっぱらいねこ

Author:よっぱらいねこ
美食家ではありません。週末中心のなんちゃってグルメブログです。その正体は奈良県在住のおっさん。猫ウォッチングと二足のわらじでやってます。
コメント歓迎です。

最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンクリスト
美味しいものblog、猫たちのblog、美味しいもの店主さんなどのblog、お気に入りblogの順に表示しています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR