FC2ブログ

西成区の猫たちに会ってきました。

 朝の西成区を散歩しました。


猫1

 散歩には朝のほうが気持ちのいい季節になりました。


猫2,3

 これまで日向を楽しんでいた猫たちも、


猫2,3

 涼しい朝が気持ちいいようです。


猫2,3

 そして花。


猫4

 いろんな花が咲く季節ですが、最近この芥子の花をよく見ます。


猫5

 足ふきマットで拭いたのに、


猫5

 足の裏に葉っぱがついていたり。


猫6

 猫撮りのまぼろしを見たりするのは、


猫6

 芥子の花の匂いのせいかもしれません。


猫7,8

 もちろん猫たちの家族はまぼろしではなく、


猫9

 当たり前や。


猫10

 まぼろしにされてたまるかいな。


猫11,12

 ぱっとみてひとりの猫しか目に入らず、


猫11

 よく見ると、


猫11,12,13

 屋根にお三方おられます。まぼろしではなく目の迷い。


猫14

 悲しい話題はなるべくブログには書かないことにしていますが、


猫15

 この黒さんは最近、


猫15

 お世話のかたと別れました。


猫15

 まぼろしではなく、現世。


猫3

 あ、キジさん、黒さんと遊ぶのは中止ですか。


猫17

 たくましく、などという言葉は安易に使いたくないのですが、

 
猫18

 命のバトンは次の世代へ、

 
猫19,20

 続いているようです。


猫19,20,21

 猫撮りの脅威にさらされながらも、


猫20,21,22

 この猫たちに幸あれと、


猫20,21,22

 思わずにはいられないのです。西成区の猫たち、また会いましょう。

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

足の裏についた葉っぱまでしっかりチェックするとは、いと恐ろしや〜

命のバトンが次の世代へ
我々人間も同じですね。

No title

麺探偵さん、

命のバトンは次の世代に伝わります。
足の裏の葉っぱをチェックするのも、
さて、
次の世代に伝わりますかね。

よっぱらいねこさんのブログを読むまでは、いつも野良ちゃんたちの現実を悲しんでばかりいました。でも、ともだちや見守ってくれる人もいるから、みんなきっと、ちゃんと生きていける!って、今は考えられるようになったんです♬

No title

まるママさん、

そう言っていただけると、とてもうれしい気持ちです。
たぶん、
悲しい現実と楽しい夢っていうのは裏表の関係なのでしょうね。
わたくしは逆に悲しいところから目を背けて現実逃避するきらいがありますが。
今日も下町の猫たちに、
いいことがたくさんありますように。
プロフィール

よっぱらいねこ

Author:よっぱらいねこ
美食家ではありません。週末中心のなんちゃってグルメブログです。その正体は奈良県在住のおっさん。猫ウォッチングと二足のわらじでやってます。
コメント歓迎です。

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンクリスト
美味しいものblog、猫たちのblog、美味しいもの店主さんなどのblog、お気に入りblogの順に表示しています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR