大正区の猫たちに会ってきました。

 大正区を散歩してみました。

港

 大正区はその周囲をすべて水で囲まれていて、渡し船がいまでも就航しています。

商店街

 いくつかある商店街は活気があり、

シーサー

 沖縄出身の方が多いのも特徴です。

猫1

 実はこの日はMikeさんが、以前ご紹介した黒白のオッドアイに会いたいとのことでしたので。この猫さんが仲良しだと思いましたが…。

猫2

 いました。ここに寝ています。

猫2

 黒系の猫さんには本当に珍しいのです。

猫3

 再開を祝ったあとはほかの猫たちに会いに行きましょう。

猫4

 しかしどうも、草むらが邪魔をしたり、

猫5

 カメラの設定を間違えたり、

猫6

 後姿を見送るだけだったりと、

猫7

 感動的な出会いがありません。

猫8

 おや。こちらの三毛さん、

猫8

 目と目の間が少し離れているのがかえって愛嬌があります。

猫8

 流し目が妙に色っぽかったりして。

猫9

 サビさんも、

猫9

 座り方に艶があります。そういえばこのあたりにもう御一方オッドアイさんがおいでだったはず。

猫10

 この白さんです。白さん、1年ぶりです。

猫10

 相変わらず人気者ですね。

猫10

 こちらさんは緑と青のオッドアイです。これもちょっと珍しいでしょ。

猫10

 それよりもこの人懐っこさがこの白さんの人気の秘密でしょう。また来ますね。大正区の猫たち、また会いましょう。

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

オッドアイ、本人は分からないでしょうが、綺麗ですね(^.^)

調べたら、白系がほとんどだそうなので、黒系となると、かなりレアちゃいますか?

No title

え。調べてくださったのですか。嬉しいです。
そうなんですよ。報告されているのもほとんど白猫ですし、
わたくしも今まで白系統以外は見たことがありませんでした。

オッドアイ猫学会に発表しましょう。

No title

初めて見ましたよ!
なんでこんな目になるんでしょうか?

No title

オッドアイって言うんですね~初耳です

それにしても鮮やか過ぎる色の違いにビックリです!


No title

期間限定ですさん、

体毛を白くする遺伝子が網膜に作用して、茶色の色素がなくなるせいで青い目になるようです。それで白さんに多いんですよ。
片方だけの説明になっていませんね。一応青い側が病気ということになります。

No title

KEN吉さん、

オッドアイまたはバイアイとも言うようです。

日本では金目銀目といって見ると幸運に見舞われると言うそうですよ。

No title

実のところ、未だにオッドアイの猫さんとは遭遇したことがないんです。
地域性もあるのかな?なんて思いますけど、長年撮っているのに可笑しいですよね。
ハチワレさんも可愛いけど、この三毛さんは顔が本当に可愛らしいです(^^

No title

TOYOさん、

ひょっとしてTOYOさんとこらへんは白猫さんが少ないのかもしれませんね。

三毛さん、特徴あって愛敬あるでしょ。わたくしかなり気に入りました。
プロフィール

よっぱらいねこ

Author:よっぱらいねこ
美食家ではありません。週末中心のなんちゃってグルメブログです。その正体は奈良県在住のおっさん。猫ウォッチングと二足のわらじでやってます。
コメント歓迎です。

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンクリスト
美味しいものblog、猫たちのblog、美味しいもの店主さんなどのblog、お気に入りblogの順に表示しています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR