西成区の猫たちに会ってきました。(後篇)

 (本日2本目です。ひとつ下に食べ物記事もありますので、よろしかったらご覧ください。)
 気持ちのいい午後ですので調子に乗って歩きます。

生根神社

 生根神社にはこつま南京の碑があります。このあたりが産地だったんですね。

黄色彼岸花

 今年も黄色彼岸花が咲きました。記事の古さを推して知るべしですね。

猫16

 白さんが出てきました。

猫16

 誰に用事があるのでしょうか。

猫16

 猫撮りさんよおお越し。あ。わたくしにご挨拶くださったのでした。

猫17

 奥に兄弟が寝てるから起こさんといてね。なるほどそういうことですか。

猫18,19

 階段の下で猫撮りに警戒する茶トラ兄弟。階段の上では、

猫20.

 あら、茶トラのおかあさん、子供ら放っといたらあかんやん。

猫21,22

 こちらはキジトラさんです。後ろに子供がいるのがわかったひとは素晴らしい観察眼ですね。

猫21

 おかあさん、背中の寝癖が気になりますよ。

猫22

 はい。ちびさんですが、しっかり頑張ってます。

猫23,24

 こちらのちび達は避難体制です。いろんな性格のおちびさんがいますね。

猫25

 母子の危機を救助しにきた茶トラおとうさん?いえ、ただの通りすがりのようです。

猫26

 こちらは少し早く生まれたおにいちゃんです。

猫26

 弟たちの子守にも飽いて、そろそろひとりだちを考えているのかもしれません。

猫27

 かぎしっぽというよりぶたさんのしっぽのようですよ。

猫28

 なにか遊ぶものをみつけたようですが、

猫28

 ほかにも興味の対象があるようです。気が多いですね。以前コンバットの撮影会に来た時もこのあたりでしたし、なんともトラ猫の多い土地柄です。

猫29

 ここにもトラさんが、

猫29

 よく寝ているようですが、猫は用心深い生き物ですから慎重に…。

猫29

 あら、簡単に小学生に捕獲されました。

猫29

 ちびすけですが、なんともおおもの。

猫29

 しっぽをつかもうが、

猫29

 草でつんつんされようが、あまり動じない猫さんです。

猫29

 小学生に先を越されましたが、おじさんにも撫でさせてね。さすがにちょっと遠慮がちに。

猫30

 向こう向きの茶トラに、やいやい言って、

猫30

 こっちを向いてもらったりしているあいだに、

猫4

 茶トラさんが一旦機嫌を損ねたあとで直してくれた場所に戻ってきました。黒さんはまだいるようです。

猫31,32

 仲良く寝ているのもいますよ。

猫33

 サビさんもいます。さっきはお留守でしたよね。ひょっとすると公園の猫さんも増えているかも。

猫34

 やっぱり。黒さんがいます。

猫35

 こっちにも黒さんです。

猫6

 モデルになってくれたキジさんもいましたよ。

猫6

 さきほどはありがとうございます。

猫6

 お礼に撫でさせてね。いったいどこがお礼なんや。二日間の長い記事にお付き合いいただきありがとうございます。西成の猫たち、また会いましょう。

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

西成区、何と猫さんの多い街ですね~

人に慣れてる猫さんがどうしも可愛く映るのは、素人でしょうか。

No title

寝グセのキジトラ母さんの足の本数を数えてみると・・・ギャー多い!

まさか後ろにこんな子猫ちゃんがいるとは(笑)

No title

麺探偵さん、

西成区も猫撮りにとってはメッカです。
人に慣れてる猫さんが可愛く見えるのはわたくしもまったく同感です。

にこっと笑ってくれる女性が美しくみえるのとおなじですね。

No title

KEN吉さん、

ときどき猫のかたまりが何匹で構成されているのかわからなくなります。
以前上半身がキジトラで、下半身が三毛の猫を発見した、と思ったら二匹分でした。

このキジさんは親子でだましてくれましたよ。
プロフィール

よっぱらいねこ

Author:よっぱらいねこ
美食家ではありません。週末中心のなんちゃってグルメブログです。その正体は奈良県在住のおっさん。猫ウォッチングと二足のわらじでやってます。
コメント歓迎です。

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンクリスト
美味しいものblog、猫たちのblog、美味しいもの店主さんなどのblog、お気に入りblogの順に表示しています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR